真空管ラジオ修理 エントリー

LUXKIT A3300 修理 ステレオ プリアンプ 北海道 S様

LUXKIT A3300 ステレオ プリアンプ修理 北海道 S様 【修理後プリアンプ動作中の様子】LUXKIT A3300 ステレオ プリアンプ修理 北海道 S様 【ロータリースイッチのメンテナンス】LUXKIT A3300 ステレオ プリアンプ修理 北海道 S様 【ロータリースイッチの結線・取付け】LUXKIT A3300 ステレオ プリアンプ修理 北海道 S様 【プリアンプ基板修理前】LUXKIT A3300 ステレオ プリアンプ修理 北海道 S様 【プリアンプ基板修理後】LUXKIT A3300 ステレオ プリアンプ修理 北海道 S様 【ヘッドフォンアンプの電解コンデンサ交換後】

LUXKIT(ラックスキット)A3300 真空管式 ステレオ プリアンプ修理。

LUXKIT A3300は、1972年(昭和47年)に発売されたラックスの真空管プリアンプです。お客様ご本人による組立と伺っております。故障内容は、方チャンネルの音がでなくなった不良で、調査の結果、ステレオ/モノ/リバース等を切り替えるロータリースイッチ周りの不良と分かりました。接点の清掃、外れた結線の接続、欠損していた配線の追加で、音が出るようになりました。

更にオイルコンデンサから液漏れが見つかりました。お客様のご希望により、液漏れしたオイルコンデンサはもちろん、全ての電解コンデンサ(ブロックコンデンサを含む)、カップリングコンデンサなども交換しました。
使用真空管:12AX7(x4)、12AU7(x2)


【状態および修理内容】

  • モード切替ロータリースイッチの分解整備(接触不良改善)
  • ロータリースイッチの固定が緩んでも、スイッチ本体が回転しないように対策
  • ロータリースイッチのシャフトが長く、ツマミが出っ張るため、シャフトを少々カット
  • 無くなっていた配線を追加、切れていた配線を接続
  • オイル漏れコンデンサ交換(メイン基板のコンデンサ全て交換)
  • ブロックコンデンサ交換(2個)
  • ヘッドフォンアンプの電解コンデンサを全て交換

以上の修理を行いLUXKIT A3300の正常動作を確認しました。


ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様

ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様 【修理後パワーアンプ動作中の様子】ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様 【修理前のシャーシ内部】ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様 【修理後のシャーシ内部】ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様 【ブロックコンデンサの交換】ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様 【ドライバ段周りコンデンサ交換】ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様 【入力ボリューム交換】

ラックスキット A3500 真空管式 ステレオ パワーアンプ修理(メンテナンス)。
この時点で発売から約48年が経過しておりますが、大きな故障はない状態でした。お客様のご希望により古いコンデンサの交換を行いました。その他、接触不良になったボリュームの交換、バイアス調整、半田付け修正などのメンテナンスを行いました。


【状態および修理内容】


  •  シャーシ内の電解コンデンサを全て交換しました
  • 出力管の入力にあるカップリングコンデンサを全て交換しました
  • 電源部のブロックコンデンサを全て交換し、ブロックコンデンサ周りの配線も、しっかりと再配結線しました
  • 初段・ドライバ段の基板を清掃して、コンデンサの交換を行いました
  • 入力ボリュームのシャフトを揺らすと、バサバサとノイズが発生するため、両チャンネルともボリュームを交換しました
  • バイアス調整に大きくズレがありましたので、再調整しました。耐久性を考慮して、少々控えめのセッティングにしております

以上のメンテナンス・修理を行い、ラックスA3500 ステレオ パワーアンプの正常動作を確認しました。

QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様

QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【修理後の様子 2台 】QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【1台目 アンプ基板 修理前と修理後】QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【2台目 アンプ基板 修理前と修理後】QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【トランジスタBC184 足が腐食しているため2台とも全交換】QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【フィルムコンデンサにクラックが見つかり 2台とも全交換】QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【1台目のチョークコイルがレアショート、特注製作して2台とも交換】QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【1台目の出力トランジスタ不良のため交換】QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様 【2台目の出力トランジスタは、お客様のご希望により交換】QUAD 33 プリアンプ 補修 神奈川県 N様 【50Eとセットで使用するプリアンプのメンテナンスも同時に行いました】

QUAD(クォード)50E モノラル パワーアンプ 2台を修理。 

QUAD 50Eは、1966~1983年に英国で製造され、録音スタジオや放送局などで使用する業務用アンプです。真空管アンプと同様な構成で、アウトプットトランスを使ったトランジスタ式アンプです。

主な修理内容は、経年劣化によるコンデンサの絶縁不良に起因する故障と、チョークコイルのレアショートなどの修理です。既に修理途中のアンプで、いくつかの配線が外されており、調査に時間を要する状態でした。

お客様からのご指示により、2台とも同じ部品に揃えました。トランジスタは、お客様がご手配くださいましたものを使用して修理しました。


【状態および修理内容】


  • 外されていた配線を結線
  • チョークコイルがレアショートしていましたので、特注製作して交換しました
  • 基板上の電解コンデンサが絶縁不良のため全交換
  • ドライブトランジスタ電源の抵抗が焼けていたのでセメント抵抗に交換(抵抗値の見直し)
  • BC184の足が腐食していたため新品に全交換
  • BC125の1個が不良でしたが、お客様のご指示で全交換
  • フィルムコンデンサにひび割れが見つかり全交換
  • 終段40411の1個が不良でしたが、お客様のご指示で全交換(シリコングリス塗布)
  • 基板の半田付け修正
  • 初段のバイアス調整、終段のバイアス調整
  • ACプラグ付き電源コート交換

以上の修理を行い、正常動作(音だし)を確認しました。
尚、同時にQUAD 33プリアンプのAC電源を100Vに変更し、スイッチの接点をクリーナー材で清掃しました。

※通常、トランジスタ式アンプの修理は、お引き受けしておりません。

RCA MI-9335 真空管アンプ修理 神奈川県 N様

RCA MI-9335 真空管アンプ修理 神奈川県 N様 【修理後の様子】RCA MI-9335 真空管アンプ修理 神奈川県 N様 【修理前のシャーシ内部】RCA MI-9335 真空管アンプ修理 神奈川県 N様 【修理後のシャーシ内部】

RCA MI-9335 真空管アンプ修理。

MI-9335は、トーキー映画用のパワーアンプとしてRCAが開発したもので、資料によると、1950年代の映画館用のメンテナンス・マニュアルに「MI-9335に搭載されているイコライザーを積極的に使用すべき」と記述があり、MI-9335は、この頃に映画館で使用されていたパワーアンプと推測できます。

イコライザーの内容は、60Hz以下ならびに5KHz以上をカットして、雑音を抑える目的と思われます。
独自のトーンコントロールも装備されていて、音質補正ができます。

このシャーシは業務用アンプシステムの一部で、オーディオ用アンプとして使用するための入力端子がないため、ピンジャック(コード出し)の取付けや、映画館用の上記のフィルタを使わないフラットアンプとしました。

また、過去に修理された形跡があり、少し大きなコンデンサが仮付けの状態で、外れそうでしたため、ラグ版を設置して、しっかりと固定しました。コンデンサは最新のコンパクト品に交換しました。

使用真空管:6J7 x2、6SN7GT x2、6L6 x2、5U4G


【状態および修理内容】


  • 過去に修理したと思われる電解コンデンサが外れかけていたので撤去、コンパクト型の電解コンデンサで、回路図に指定された容量のものに交換、ラグ版を設置してしっかりと固定
  • 既存の抵抗が不良のため、新しい酸化金属抵抗に交換
  • 真空管6J7の出力部のカップリングコンデンサの容量が不適切でしたので、回路図で指定された容量のものに交換、これによりトーンコントロールの機能が効くようになりました
  • 使用しないイコライザ(フィルタリング)回路への電源の供給を停止(最初の6J7は未使用)
  • 端子版を固定する溶接が外れていたので、ボンドで接着た

以上の修理で、RCA MI-9335は、オーディオ用パワーアンプとして機能するようになりました。

ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様

ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様 【修理後 動作中の様子】ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様 【修理前のシャーシ内部】ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様 修理後のシャーシ内部【】ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様 修理後のシャーシ内部【ボリューム交換、ダイヤル糸交換、セレクタースイッチ接触不良改善】ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様 修理後のシャーシ内部【修理後、各調整を行いました】ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様 修理後のシャーシ内部【修理後 ラジオ背面の状態】

ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理。

VICTOR 7AW-33 マジックアイ付き 3バンド 7球スーパーラジオ「無線と実験 1953年(昭和28年)2月号 誠文堂新光社」に回路が掲載されており、この頃に製造された真空管ラジオと推測できます。 

長い間、ご自宅に保管されていたラジオと伺っております。お預かりしたした時点では、不動の状態でした。

使用真空管:UZ-6D6(x2)、6SA7GT、6SQ7GT、UZ-42、6E5、80BK
受信バンド:BC:535-1605KC、49-31M:6-10MC、25-17M:11.5-20MC


【状態および修理内容】


  • 切り替えスイッチ(2つのロータリースイッチ)接触不良改善補修
  • ボリューム接触不良のため交換(シャフト長さを延長)
  • 真空管ソケット及び、グリッドキャップ(頂部電極)の清掃、接触不良改善
  • 絶縁不良コンデンサの交換(既存コンデンサ全て性能確認済み)
  • ダイヤル糸交換(ダイヤル糸張り替え)
  • 中間周波トランスの調整、調整部に緩みがあったため、ロック材で接着補修
  • マジックアイが暗くなっていたため、お客様のご希望を伺い6E5を新品交換
  • AC電源コードが経年劣化で危険な状態だったため、新品のACプラグ付き電源コードに交換
  • 電源コード引っ張り防止のため、ナイロンクリップでシャーシに固定
  • 音量調整のツマミが欠損していましたので、現在流通しているマミを取付けました。少し形が異なりますが、類似色に塗装して、雰囲気を近づけました。

以上の修理を行いビクター 7AW-33は、当時の音が復元しました。

marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様

marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【アンプ2台オーディオ用として仕様を揃え修理完了】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【修理後動作中の様子】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【電源コネクタ新設、ヒューズホルダー交換、ブロックコンデンサ交換】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【入力端子RCAピンジャック新設】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【電源部の改修前】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【電源部の改修後】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【修理後のシャーシ内部(L-ch用)】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【修理後のシャーシ内部(R-ch用)】marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様 【修理後に操作パネルを取付けた状態(2台共通)】

marsland(MARSLAND ENGINEERING LIMITED)Model: RA75DBT 業務用アンプ2台の修理。

Northern Western Electricのアンプで、MADE IN CANADAの表示があります。イコライザーやコンプレッサー等の特殊な機能があり、業務用アンプと思われます。

主な修理内容は、モノアンプ2台をステレオ パワーアンプ(オーディオ用途)として使用するため、2台の仕様(部品)を揃え、フラットアンプにする事です。同時に劣化部品の交換、電源部の整備、コネクタ新設などを行いました。

使用真空管:12AX7、6AU6、6CA7、6BW4(EZ81に変更)、5R4GYB


【状態および修理内容】


  • 3P電源コネクタ新設(鈑金加工)
  • ノーヒューズブレーカーが接触不良のため廃止、ヒューズホルターに変更(鈑金加工)
  • 音声入力端子(RCAピンジャック)を新設(鈑金加工)
  • 電源部、ブロックコンデンサ・抵抗の交換
  • バイアス用の電源部、部品劣化のためダイオード・抵抗・コンデンサ全交換
  • カップリングコンデンサ、2台の仕様統一のため交換
  • ボリューム(可変抵抗)接触不良のため交換
  • オーディオ用パワーアンプとして使用するため、業務用途の特殊機能部への電供給を停止
  • 初段B電源用の整流管6BW4不良、入手困難のためソケット配線を変更して、新品EZ81に交換

上記の作業は、アンプ2台の特性を揃えるため、2台とも同じ部品を使用しております。ステレオパワーアンプとして正常動作を確認しました。

B&O Jet 606 MODERNE 真空管ラジオ修理 東京都 O様

Bang&Olufsen Jet 606 MODERNE ラジオ修理 東京都 O様 【修理後 動作中の様子】Bang&Olufsen Jet 606 MODERNE ラジオ修理 東京都 O様 【ダイヤル糸の掛け替え後】Bang&Olufsen Jet 606 MODERNE ラジオ修理 東京都 O様 【バーアンテナ補修、同調コイル調整・補修】Bang&Olufsen Jet 606 MODERNE ラジオ修理 東京都 O様 【AC電源 バイパスコンデンサ絶縁不良 交換】Bang&Olufsen Jet 606 MODERNE ラジオ修理 東京都 O様 【パワーアンプのコンデンサ絶縁不良 交換】Bang&Olufsen Jet 606 MODERNE ラジオ修理 東京都 O様 【修理後のラジオ背面の様子】

B&O Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン)Jet 606 MODERNE ラジオ修理。

B&O Jet 606は、1959-1960年(昭和34~35年)頃、デンマークで製造された真空管ラジオです。お預かりしたラジオは、非常に奇麗なキャビネットに収められております。修理後の音質はクリアで、低域がぶ厚くB&O独特な音が出ております。

主な修理は、ダイヤル糸の掛け替え(糸交換)、AM受信感度アップ、アンプの歪み改善、接触不良の改善、不良部品の交換・補修です。

修理後の本体写真の養生は、お客様が取付けたものです。事故防止のため、養生を取付けたまま作業を行いました。
使用真空管:PCC85、ECH81、EF89、EBF89、PM84、ECC83、PL84


【状態および修理内容】


  • チューニングの際、ダイヤルが滑る事があるため、ダイヤルの糸を張り替え(ダイヤル糸交換)
  • AM同調コイルのコアが緩み不安定になっていたので、調整して固定しました(受信感度アップ)
  • バーアンテナのコイルが外れていたため固定しました
  • AC電源のバイパスコンデンサが絶縁不良でしたので交換
  • 音に歪みがあり、ノイズが出ていましたが、絶縁不良コンデンサを交換して改善
  • 真空管ソケットの接触不良改善
  • マジックアイの取付け位置のズレを修正

以上の修理・補修で、B&O Jet 606の正常動作を確認しました。

ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様

ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【修理後 動作中の様子】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【修理前のシャーシ内部】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【修理後のシャーシ内部】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【修理前のシャーシ上部】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【修理後のシャーシ上部】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【スピーカー接続コード交換】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【電源ユニットの修理前と修理後】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【電源ユニットのACプラグ付きコードの交換】ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様 【修理完了後の背面】

ビクター 6RSB-224 真空管 短波受信機(ラジオ)の改造型を修理。(ラジオ組み替え)
昭和17年9月(1942年)製造の銘板あり。大きく改造されており、原型はなく、動作しない状態でお預かりしました。ご家族の形見のラジオと伺い、使用可能な真空管やトランス、スピーカー等の主要な部品を使い全改修しました。

使用真空管:6SA7、6D6、6VA6、42、80、6E5


【状態および修理内容】


  • 本体・シャーシなどの清掃
  • 回路変更
  • アースラインの引き直し
  • 針金で仮止めされていた出力トランスをビスで固定(鈑金加工)
  • 劣化した配線交換、ACプラグ付きコード交換、スピーカーコード交換
  • マジックアイ6E5は新品交換
  • 電源専用シャーシの固定が不十分でしたので、金属金具を取付けて、キャビネットにビスで固定

ラジオ組み替え作業でお時間をいただきましたが、当時の音を復元できたと思います。

オンキョー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様

オンキヨー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様 【修理後 動作中の様子】オンキヨー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様 【修理前のシャーシ内部】オンキヨー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様 【修理後のシャーシ内部】オンキヨー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様 【マジックアイ新品交換、出力トランス新品交換】オンキヨー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様 【キャビネットの補修】オンキヨー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様 【修理後のラジオ背面側の状態】

ONKYO OS-55 SUPER RADIO 真空管ラジオ修理。

大阪オンキヨー OS-55は、1953年3月(昭和28年)に発売されたオンキヨーラジオ1号機。当時は12~16cmスピーカーを搭載したラジオが主流だった中、OS-55は口径20cmのスピーカーを搭載し、優れた音質で音楽愛好家の間でヒットしたラジオと言われています。(Onkyoヒストリーより)

主な故障は、音がでない(不動品)としてお預かりしました。
使用真空管:6W-C5、UZ-6D6、6Z-DH3A、UZ-42、KX-80、6E5(マジックアイ)


【状態および修理内容】


  • 出力トランスが断線していたため新品交換
  • 絶縁不良コンデンサ交換、容量抜け電解コンデンサ交換
  • 真空管6D6が不良のため新品交換
  • マジックアイ6E5が暗く、殆ど見えない状態のため新品交換
  • IFTなど各コイル調整
  • ACプラグ付き電源コードが経年劣化で硬化していたため交換
  • 木製キャビネットの清掃および接着補修

以上の修理で、ONKYO OS-55の正常動作を確認しました。20センチスピーカーは、確かにワイドレンジで聴きやすい音質でした。

ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様

ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様 【修理後ラジオ受信中の様子】ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様 【修理前のシャーシ】ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様 【修理後のシャーシ】ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様 【修理後のシャーシ背面側】ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様 【修理後の背面側】ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様 【新品に近いナショナル RE-260】

ナショナル(NATIONAL)RE-260 2バンド5球スーパー ラジオ 修理。
昭和39年(1964年)頃、ナショナルから発売された真空管ラジオで、トランジスタラジオに切り替わる時期の製品と思われます。可動式のバーアンテナを内蔵しており、受信状態にあわせて簡単に調整ができます。

デットストック品ということで、非常に綺麗な状態で、大変貴重な真空管ラジオだと思います。
しかしながら、製造から半世紀以上が経過しており、部品の経年劣化で動作が不安定になっていました。

使用真空管:12BE6、12BA6、12AV6、30A5、35W4


【状態および修理内容】


  • 各真空管は新品未使用と思われます
  • ケース、シャーシ、スピーカー、裏蓋、元箱まで綺麗な状態です
  • 電源オンから数十分が経過すると、音が小さくなり、歪みが増える故障あり
  • 経年劣化で絶縁不良になっていたコンデンサが見つかりましたので交換

以上の修理を行い、ナショナル RE-260 ラジオの正常動作を確認しました。

LUXKIT A3700II 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様

LUXKIT A3700 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様 【パワーアンプ修理後の状態】LUXKIT A3700 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様 【真空管ソケット・ピンの接触不良改善】LUXKIT A3700 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様 【入力レベル調整用ボリューム交換】LUXKIT A3700 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様 【入力回路オープン防止対策】LUXKIT A3700 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様 【修理後のシャーシ内】LUXKIT A3700 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様 【出力管 KT-88 マッチド4本 交換】

ラックスキット(Laxman)A3700II 管球式メインアンプを修理

Laxkit A3700IIは、1982年(昭和57年)に発売させれたもので、好みに合わせて出力管の8045G、2A3、6CA7、KT-88等や、回路方式を選択することができるシャーシキットです。

修理のため預かりしたA3700は、KT-88を搭載していましたが、独自に改造されたものでした。
このA3700の使用真空管: EF86(6267) x2、6AQ8 x2、KT88 x4

故障の内容は「ブツ・ブツと雑音が出る」というもので、調査の結果、複数の原因が見つかりました。


【状態および修理内容】


  • 真空管ソケットとピンの接触不良、ソケットを清掃してバネ圧を修正、真空管のピンを磨いて清掃
  • 入力レベル調整用ボリュームのガリで、大きな雑音が発生していたため、ボリュームを交換
  • ボリュームの接触不良で、入力がオープンにならないように抵抗を追加
  • シャーシ内部の半田付け不良の修正、隣接する配線同士が接触しそうな部分を修正
  • KT-88真空管の1本から雑音が出て、出力レベルにも差がある状態でしたので、ご相談の上、この機会に全て新品交換しました

バイアスの調整後、動作確認を行い「Laxkit A3700II KT-88仕様」の正常動作を確認しました。

LUXMAN CL-35II 管球式プリアンプ Rコアトランスに交換 修理 府中市 K様

ラックスマン CL-35Ⅱ 管球式プリアンプ 修理 府中市 K様 【修理後の状態】ラックスマン CL-35Ⅱ 管球式プリアンプ 修理 府中市 K様 【電源トランスがレアショートしたので、特注Rコアトランスに交換します】ラックスマン CL-35Ⅱ 管球式プリアンプ 修理 府中市 K様 【LUX純正トランスを撤去して、Rコアトランスを取付けるためにシャーシを加工】ラックスマン CL-35Ⅱ 管球式コントロールアンプ修理 府中市 K様 【Rコアトランスに交換したシャーシ内部】ラックスマン CL-35Ⅱ 管球式コントロールアンプ修理 府中市 K様 【Rコアトランス取付け後の電源基板】ラックスマン CL-35Ⅱ 管球式コントロールアンプ修理 府中市 K様 【Rコアトランスに交換して、全ての真空管ヒーター点灯確認】

LUXMAN ラックスマン CL-35Ⅱ 管球式コントロールアンプ 修理

ラックスマン CL-35-2は、1972年(昭和47年)に発売された管球式のコントロールアンプです。後にCL35 IIIが発売されましたが、修理のご注文をいただきましたコントロールアンプは、2世代目CL-35 IIです。
使用真空管: 12AX7(ECC83)x5、12AU7(ECC82)x3

「使用中に煙を出して止まってしまった」という故障で、アンプからは焦げた臭いがして、電源トランスから黒いピッチがシャーシ内に流出していました。


【状態および修理内容】


  • ラックスマン純正の電源トランス焼け(トランス内部でレアショート)
  • 純正の電源トランスを撤去して、トランスから流出した内容物の清掃
  • 各電源回路のコンデンサなどに絶縁不良が無いことを確認
  • 純正の電源トランスは入手困難のため、CL-35Ⅱ専用のRコアトランスを製作
  • Rコアトランス取付けのためにシャーシを加工
  • Rコアトランス交換後、正常動作を確認

以上の修理で「ラックスマン CL-35Ⅱ」管球式コントロールアンプの機能が復元しました。

三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様

三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【修理後 動作中の様子】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【修理前のシャーシ内部】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【修理後のシャーシ内部】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【バリコンが傾きロータリースイッチに接触する不良の修理】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【バリコンのマウント交換】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【ACコード引き出し口のゴムブッシュ交換】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【修理後のシャーシ正面 パイロットランプ交換など】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【ダイヤル針のガイドレール補修、欠損していたシャーシマウント取付け】三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様 【修理後のラジオ背面の状態】

三菱(MITUBISHI)5P-468形 2バンド5球スーパー トランスレス 真空管ラジオ修理
1958年(昭和33年)頃、三菱電機から発売された MW・SW(中波・短波)ラジオで、黒と赤のキャビネットがあるようです。

この5P-468は、内部でバリコンが傾き、バリコンがバンド切り替え用のロータリースイッチに接触して、スイッチが回らない状態にあったところを、力で回す事により、ツマミが破損したものと思われます。

同じツマミは入手困難のため、入手可能なツマミを加工して取付け、バンド切り替えを可能にしました。

主な修理は、バリコンのマウント交換、バリコン極版の曲がり修復、劣化部品の交換、不良真空管の新品交換です。

使用真空管:12BE6、12BA6、12AV6、30A5、35W4


【状態および修理内容】


  • 電解コンデンサの配線が外れていたため接続
  • バリコンのマウント(ゴム)を交換して、バリコンの傾きを改善
  • バリコンの極版に曲がりがあり、隣りの極版と接触し、絶縁不良状態だったため手作業で修復
  • 経年劣化で絶縁不良になっていた各コンデンサを交換
  • 雑音の原因になっていた抵抗器の交換
  • 真空管ソケット清掃、バネ圧調整
  • 真空管(整流管)35W4 劣化のため新品交換
  • 真空管(検波&低周波増幅用)12AV6 劣化(雑音が発生)のため新品交換
  • パイロットランプ交換、ゴムブッシュ補修
  • 接触不良のヒューズホルダー清掃、バネ圧調整、ヒューズ交換
  • 電源コード引き出し口のゴムブッシュ交換(電源コード結びを廃止して安全な方法で固定)
  • ダイヤル指針のガイドレール取付け部割れを接着
  • 欠損していたシャーシとキャビネットのマウントゴム(ネジ)追加
  • 欠損していたバンド切り替えスイッチのツマミを加工して取付け

以上の修理を行い、三菱(MITUBISHI)ラジオ 5P-468 の修理を完了し、正常動作を確認しました。

AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様

AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様 【ラジオ修理後 動作中の様子】AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様 【シャーシ内部 修理前の状態】AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様 【シャーシ内部 修理後の状態】AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様 【シャーシ上部 修理後の状態】AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様 【ラジオ修理前 背面 ACプラグ付きコード交換前】AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様 【ラジオ修理後 背面 ACプラグ付きコード交換後】

AIRLINE 15BR-1547A 真空管ラジオ修理
1951(昭和26)年にアメリカのMontgomery Ward(モンゴメリーワード)社から発売されたトランスレス 4球スーパーヘテロダイン受信機の修理を行いました。

背面にループアンテナが内蔵されているため、外部アンテナが無くてもクリアに受信できます。コンパクトなラジオですが、低音が出て聴きやすい音質です。保存状態がとても良好で貴重な真空管ラジオだと思います。

修理概要は、電源を入れると大きな雑音が出る等の修理と、ACコードの交換、ヒューズの設置などの安全対策を行いました。

受信バンド:BC 536~1605KHz
使用真空管:12BE6、12BA6、12AV6、50L6-GT、整流管なし(セレン整流)仕様


【状態および修理内容】


  • 整流回路の平滑コンデンサ(複合型)の容量抜け不良のため撤去して交換
  • 上記の複合型コンデンサには、出力管のカソードに接続されている電解コンデンサも含まれるため交換
  • カップリングコンデンサの絶縁不良で交換
  • ACラインのバイパスコンデンサが変形(膨張)していたため交換
  • その他、安全のため感電防止用バイパスコンデンサを交換
  • ヒューズが見当たらなかったので、安全のためシャーシ内部にヒューズを設置
  • ACプラグが破損していたため、ACラグ付きコードを交換
  • 外部アンテナ用の線がループアンテナから外れていたため接着

以上の修理を行い、AIRLINE 15BR-1547A ラジオの正常動作を確認しました。

ダイナコ マーク3 修理 オーバーホール 山形県 K様

ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【修理後のシャーシ2台】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【修理前のシャーシ内部】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【修理・調整後のシャーシ内部】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【ブロックコンデンサ交換前と交換後】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【KT88グリットの発振防止抵抗の不良改善】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【バイアス用電源の改修】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【バイアス調整回路の部品交換とバイアス調整】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【初段基板の修理・組み替え】ダイナコ マーク3 修理 バイアス調整 山形県 K様 【ACプラグ付き電源コート交換、コード引き出し口のコードロック取付】

ダイナコ マーク3 真空管メインアンプ修理(オーバーホール)バイアス調整などを2台。

1976年(昭和51年)頃にダイナコから発売されたメインアンプのキット。出力管にKT88(6550)、初段に6AN8を採用した真空管メインアンプです。

使用真空管: KT88(6550)x2、6AN8、GZ34(5AR4)

ダイナコ マーク3を2台使用して、ステレオ メインアンプとした場合、左右にレベル差が生じる問題があり、修理(オーバーホール)のご注文をいただきました。

故障診断の結果、部品の劣化による故障と、当初の組立不良による不具合であることが分かりました。

2台(左右)同じ部品を使用して修理・オーバーホールを行った結果、内部電圧を含め、左右の特性が揃った真空管アンプに仕上がりました。


【状態および修理内容】


  • ブロックコンデンサ交換
    高温になるKT88に隣接するため、熱の影響で劣化しやすい部品です。拝見した時点では、すぐに交換が必要な状態ではないものの、いずれ交換が必要になる消耗品ですため、ご相談の結果、この機会に交換することになりました。
  • KT88のグリットに接続されている抵抗が接触不良(ハンダづけ忘れ)
    この抵抗に接触不良や断線が生じると、バイアスの供給が止まり、その結果、出力管に最大電流が流れ、出力管が著しく劣化したり、破損する場合があります。安全のため新品抵抗に交換し、接触不良を改善しました。
  • バイアス用電源回路の部品を全て交換して、セレンからダイオード整流に変更
    上記の通り、ダイナコ マーク3 は、適切なバイアスを常にかける必要があります。セレンやバイアス調整用の可変抵抗(ボリューム)などの部品に不良が生じた場合、出力管の破損に繋がるため、ダイオード化して全ての部品を交換しました。
  • 初段(真空管6AN8)基板の清掃・修理・組み替え
    2台のアンプにレベル差があった問題は、初段基板上の抵抗が断線していた事が主な原因です。
    また、周辺の抵抗値にも誤差が生じており、コンデンサも絶縁不良の状態でしたので、基板上の部品を全て交換しました。尚、2台のアンプの特性を揃えるため、全て同じ部品を使用して組み替えております。
  • 出力トランスのコアのビスどめ追加
    真空管アンプは、出力トランス次第で音が大きく変わります。ダイナコ マーク3は、とても優秀な出力トランスを搭載していますが、そのコアに緩みがあると、優秀な性能が十分に発揮できないため、中央2箇所ビスどめに加え、4箇所のビスとめを追加しました。
  • ACプラグ付きコードを新品交換
    古くなった電源コードは危険を伴いますため、安全のため新品コードに交換しました。また、シャーシからコード引き出す部分には、コードを保護するためのゴムブッシュが付いていますが、これが古くなるとボロボロに風化しますので、安全のため樹脂製のコードロックに交換しました。
  • 最終的に出力管と整流管を新品交換して、バイアス調整を行いました。バイアス調整は、真空管の耐久性も考慮して、少し控えめに調整しております。

ここでご紹介した修理写真は1台分ですが、ダイナコ マーク3 を2台使用して、ステレオ動作することを前提に、左右同じ場所に同じ部品を使い、2台の特性が揃うように仕上げ、修理が完了しました。

日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様

日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様 【修理後 ラジオ動作中の様子】日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様 【修理前のシャーシ内部】日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様 【修理後のシャーシ内部】日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様 【短波が受信できなかった故障の修理】日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様 【安全のためACコード周辺を交換】日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様 【修理後のシャーシ正面】

日立 リタ S-537 真空管ラジオの修理。
トランスレス2バンド5球スーパーラジオで、昭和30年代のラジオと思われます。

「真空管は明るくなるが、ラジオの音はでない」という故障の修理。

受信バンド:BC 536~1605KHz、SW 3.8~12MHz
使用真空管:12BE6、12BA6、12AV6、30A5、35W4


【状態および修理内容】


  • パイロットランプ切れだったので交換
  • イヤホン端子接触不良の改善補修
  • モード切替ロータリースイッチの接触不良改善(全ての接点清掃)
  • 出力管周辺コンデンサ絶縁不良のため交換
  • その他、カップリングコンデンサとバイパスコンデンサが全て不良のため交換
  • 同調コイルの半田付け外れで受信不能だったため修理
  • ノイズが発生していた抵抗を交換
  • 安全対策としてACライン間のコンデンサを交換
  • 安全対策としてACプラグ付きコードを交換
  • 安全対策としてACコード引き出し口の劣化したゴムブッシュから樹脂製のコードロックに交換
  • ヒューズ交換

以上の修理で「リタ S-537」真空管ラジオの機能が復元しました。

LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様

LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【修理後パワーアンプ動作中の様子】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【電源部:初段管基板に電源を供給する抵抗のワット数が小さいため交換】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【初段管(6H1N)基板のコンデンサが絶縁不良のため交換】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【出力管(6CA7)周りのカップリングコンデンサが絶縁不良、修理前】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【出力管(6CA7)周りのカップリングコンデンサが絶縁不良、修理後】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【修理後、チェックポイントの電圧がサービスマニュアル通りの値になった様子】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【修理後のシャーシ内部の状態】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【修理後の初段基板の状態】LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様 【修理後のシャーシ正面の様子】

LUXKIT(ラックスキット)A3500 ステレオ 真空管アンプ修理。
ラックスキット A3500は、1972年に発売された真空管式のパワーアンプキットです。修理ギャラリーでは2台目の投稿です。

使用真空管:6H1N(オリジナルは6AQ8)x3、6CA7(EL34)x4

バイアス調整を行う際に電圧を測定した結果、サービスマニュアル通りの電圧にならない不良と、出力レベルがとても小さい故障の修理として、お預かりしました。


【状態および修理内容】


  • 全ての配線がA3500のサービスマニュアル通りに接続されているかの確認作業
  • 出力管(6CA7)周りのカップリングコンデンサが絶縁不良のため交換(4カ所)
  • 初段管(6H1N)基板のコンデンサが絶縁不良のため交換(2カ所)
  • 初段管基板にB電源を供給する抵抗のワッテージが、規定値より小さいものが使われていたため、大きいものに交換
  • ブロックコンデンサのアース配線に接触不良がありましたので半田づけを修正
  • シャーシアースに接触不良がありましたので改善
  • ヒーター回路に半田付け不良ありましたので半田づけを修正
  • 周辺回路に接触しそうな長いリード線を絶縁処理(2カ所)
  • バイアス調整用の可変抵抗を洗浄剤で清掃(4カ所)

以上の修理で、各チェックポイントの電圧がサービスマニュアル通りの値になり、パワーアンプの正常動作を確認しました。

LUXMAN CL-35 管球式プリアンプ修理 八王子市 K様

LUX CL-35 ステレオ 管球式プリアンプ修理 【修理後、動作している様子】LUX CL-35 ステレオ 管球式プリアンプ修理 【修理前の右チャンネル基板】LUX CL-35 ステレオ 管球式プリアンプ修理 【修理後の右チャンネル基板】LUX CL-35 ステレオ 管球式プリアンプ修理 【部品交換前の左チャンネル基板】LUX CL-35 ステレオ 管球式プリアンプ修理 【部品交換後の左チャンネル基板、真空管ソケットと、Low Cutスイッチの接触不良改善の補修後】LUX CL-35 ステレオ 管球式プリアンプ修理 【修理完了後の背面側】

LUXMAN CL-35 ステレオ 管球式プリアンプ修理。

ラックス CL-35は、1970年(昭和45年)に発売された管球式プリアンプです。後にCL-35II、CL35IIIが発売されましたが、今回修理のご注文をいただきましたプリアンプは初代CL-35です。
使用真空管: 12AX7(ECC83)x5、12AU7(ECC82)x3

主な故障は、右チャンネル側から低音(低域)がでなくなった不良です。


【状態および修理内容】


  • 右チャンネルの出力管周辺カップリングコンデンサ容量抜けのため交換
  • 右チャンネルのフォノアンプ内カップリングコンデンサ容量抜けのため交換
  • 不良があったものと同型のコンデンサもこの機会に交換
  • バイパス用の電解コンデンサ交換
  • ステレオアンプのL/R特性を揃えるため、右チャンネル側で交換した部品は、左チャンネル側も交換
  • 真空管ソケットの接触不良を改善するため、接点磨きとバネ圧修正の補修
  • Low Cutスイッチの接触不良で、音声が途切れる場合があるため接点を補修
  • 木製ケースに剥がれがみられたため、ボンドで補修しました

日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様

日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様 【修理後 ラジオ動作中の様子】日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様 【修理後のシャーシ正面とイヤホン端子】日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様 【修理・IFT調整後のシャーシ背面】日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様 【修理前のシャーシ内部の状態】日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様 【修理後のシャーシ内部の状態】日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様 【大きな雑音が発生する故障の修理】

日立ラジオ エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理。
昭和30年代のトランスレス 5球スーパーラジオの修理をしました。

受信バンド:MW、SW
使用真空管:12BE6、12BA6、12AV6、30A5、35W4

時間が経過すると大きな雑音が発生し、音が小さくなり、動作が不安定になる故障


【状態および修理内容】


  • 大きなノイズの発生源を特定し、不良抵抗・不良コンデンサの交換。
  • 電源部の平滑コンデンサを追加して、リップルノイズの軽減。
  • その他、容量抜けコンデンサ交換。
  • 取付けに問題があった抵抗を、コンパクトで高性能なものに交換。
  • 中間周波トランス(IFT2カ所)の調整が不適切だったため、最適値に調整。その結果、感度が上がり、音質もよくなりました。
  • ダイヤルの調整。
  • イヤホン端子の接触不良改善。
  • ACコード引き出し口のゴムブッシュが風化していたので交換。

GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様

GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【修理後、動作中の様子】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【修理前、シャーシ内部の状態】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【修理後、シャーシ内部の状態】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【電源部・AF部(出力管の周辺)修理】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【1st IFT 内部のハンダ修正(分解補修)】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【1st IFT 周辺の修理】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【内蔵アンテナ端子の接触不良改善】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【内蔵ループアンテナ線の剥がれを接着補修】GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様 【ダイヤルの針が欠損していたので、ハンドメイドの針を設置しました】

GE(General Electric)MODEL-212 真空管ラジオ 修理。
1951年(昭和26年)アメリカのゼネラル・エレクトリック社製トランスレス ラジオを修理しました。

受信バンド:AM(540KHz~1600KHz)、FM(88MHz~108MHz)
使用真空管:6BJ6(x2)、12BE6、6BJ6、6BH6、19T8、35W4、35B5

電源を入れても無音(ラジオ受信不能)で、パイロットランプのみ点灯する状態


【状態および修理内容】


  • 電源部(整流管の周辺)コンデンサと抵抗が経年劣化していたため、交換して、劣化した配線を補修
  • 最初のAM用とFM用のIFT内部に接触不良があり、分解してハンダ付けの修正・補修
  • 上記IFT周辺のコンデンサが絶縁不良のため交換
  • キャビネット背面にあるアンテナ端子の全てが接触不良でしたので、清掃後ハンダ付け修正・補修
  • 上記のループアンテナ線が、部分的に剥がれ(外れ)ていたため接着
  • ダイヤルの針が欠損していたので、ハンドメイドの針を設置

ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様

修理後 ラジオ受信中の様子 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】ラジオ修理後 シャーシ正面の状態 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】ダイヤルの糸掛替え 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】ラジオ修理後のシャーシ内部の状態 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】ラジオ修理前のシャーシ内部の状態 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】ご要望があり、電源周りのコンデンサを交換した様子 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】誘導ノイズが多かったため小型の段間トランスに交換 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】マグネチックスピーカーのアーマチュアがヨークに接触して、音がビビる状態だったため、センター位置に調整して音質改善  【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】真空管27Aから56に変更されていて、感度アップしていたので、発振・雑音除去の目的でシールドケースを追加 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】ラジオ修理後のシャーシ背面の状態 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】日本楽器製キャビネット背面のサランネット破け修理前 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】日本楽器製キャビネット背面のサランネット貼り替え修理後 【ヘルメス 401型 並4ラジオ 修理 八王子市 A様】

ヘルメス(Hermes)401型 並4ラジオ 修理。
ヘルメス 401型は大阪変圧器製の真空管ラジオで、1937年(昭和12年)頃に発売されたミゼットと呼ばれる並4受信機です。

オリジナルのラインナップは、UY-27A、UX-26B、UX-12A、KX-12B、全て三極管のため弱電界地域では感度不足ですが、このヘルメス(Hermes)401型ラジオは、UY-27AからUY-56に仕様変更されていましたので、少し感度が改善されています。

主な修理は、不適切と思われる改造を取り除き、標準的な回路に戻し、劣化部品交換、劣化配線交換、ノイズ対策(配線の引き回し変更、1段目の段間トランス交換、真空管シールドケース追加)、マグネチックスピーカー補修などを行いました。


【状態および修理内容】


  • ダイヤル糸の掛け替え
  • 電源部修理
    平滑コンデンサ交換、抵抗交換・調整
  • 高周波部の劣化部品交換、コイルの半田付け不良の修正、配線の引き回し変更、調整
  • 低周波部の改造撤去、標準的な回路に戻して劣化部品交換・調整
  • ノイズ対策
    段間トランス交換、配線の引き回し変更、真空管UY-56にシールドケース追加
  • マグネチックスピーカー補修(音質改善)
    アーマチュアの位置がずれて、ヨークに接触していたので、ヨーク中央の位置になるように補修・修理
  • ACプラグ付き電源コード交換、ゴムブッシュが風化していたため、コード止め付き樹脂ブッシュに交換
  • キャビネット背面のサランネット貼り替え
  • アンテナ線5メートル追加

コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様

修理後 ラジオ動作中の様子 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】修理後 シャーシ正面、35C5真空管交換 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】修理後 シャーシ背面 動作中の様子 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】修理後 背面パネル アンテナ線を接続した様子 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】電源部修理、平滑コンデンサ容量抜けのため交換 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】ラジオが受信できる基本的な修理をした後のシャーシ 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】品質向上のための追加修理をした後のシャーシ 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】出力トランス周辺修理とスピーカー 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】取外した不良部品など 【コロンビア R-525 5球スーパー真空管ラジオ 修理 石川県 T様】

日本コロンビア(COLUMBIA)R-525 5球スーパー 真空管ラジオ(一部改造品)修理。
このコロンビア R-525には、昭和35年4月(1960年)津山営業所の認定証印があります。

5寸パーマネント スピーカーを搭載した真空管ラジオで、オリジナルは全てGT管の仕様ですが、このR-525は、一部サブMT管に改造されています。

故障状況は、雑音が大きい状態でした。
調査の結果、改造に伴う誤配線と部品の劣化によるものと判明しました。

R-525 オリジナル真空管はオールGT管:12SA7、12SK7、12SQ7、35L6、35Z5
このR-525の使用真空管:12SA7、12SK7、12SQ7、(サブMT)35C5、(サブMT)35W5


【状態および修理内容】


  • 電源部の電解コンデンサが容量抜けだったので、高容量のものに交換
    コンデンサに2つ接続されていた合成抵抗も不適切でしたので、交換して1つにまとめました
  • 出力管「35C5」の配線に誤りがあったため、正しい配線に直しました
  • 誤配線のため真空管「35C5」が著しく劣化して、使用不能な状態でしたので、新しい「35C5」に交換しました
  • その他、劣化コンデンサの交換、ジョイントのある配線を交換
  • バリコンを固定するねじ等、一部のネジが欠損していたので、新しいネジで固定
  • コイルなどの微調整、ダイヤルの調整
  • ACプラグ付き電源コード交換、コードクランプ止め、ゴムブッシュ交換
  • トランスレス方式のラジオのため、アース端子とアンテナ端子に、感電防止対策をしました

パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様

修理後、動作中の様子 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】修理後、シャーシ背面からみた様子 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】修理後、シャーシ内部の状態 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】低周波部(出力管周辺)修理後の状態。交換した部品 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】AM受信中、チューニングをしてもマジックアイが動かない故障の修理 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】AM受信中、マジックアイが動作するようになりました 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】ステレオパイロットランプが点灯しない故障の修理 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】ステレオパイロットランプが消えなくなる故障、MPX部の修理 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】電源部 整流ダイオード不良のため交換 【パイオニア Pioneer C-200 総合アンプ 修理 山梨県 S様】

パイオニア Pioneer C-200 AM/FMマルチ・総合ステレオアンプ(真空管式 ステレオ レシーバー)修理。
音が歪む故障、マジックアイ動作不良、ステレオパイロットランプが点灯しない故障と電源部の修理をしました。

パイオニア C-200は、1965年(昭和40年)10月に発売された、真空管式のAM/FM ステレオ チューナー・プリメインアンプです。

C-200はウッドケースに納められていますが、同じシャーシでオール金属ケース仕様のSX-304Aという総合アンプもありました。

終段管は、6BM8プッシュプルで、11W+11Wの出力を得ることができます。
使用真空管:6AQ8 x2、6BA6 x2、6AU6、6BE6、6AN8、12AX7 x2、6BM8 x4、6E5


【状態および修理内容】


  •  終段管6BM8周辺にある複数のコンデンサが絶縁不良のため交換(音声の歪み解消)
  • AMラジオ部マジックアイ周辺のコンデンサが絶縁不良のため交換(マジックアイがAMでも動作)
  • ステレオパイロットランプ(ネオン管)近くのコンデンサが絶縁不良のため交換
    (このコンデンサがショートしていて、ネオン管が点灯しない状態でした)
  • 上記を修理した結果、ネオン管が点灯したままの状態で、消灯しない故障が見つかりました
    実装されているコンデンサが、回路図と異なるものだったため、図面通りのコンデンサに交換
    放送状態に合わせ、ステレオパイロットランプが点灯・消灯するようになりました
  • 電源部の整流ダイオード、2本のうち1本が不良のため交換
    (安全を考慮して、2本とも交換し、並列に各2本ずつ設置、合計4本を設置して、十分な電源容量を確保しました)

高1ラジオ修理 ナショナルシャシー R-1420 岐阜県 Y様

修理、後動作中の様子 【高1ラジオ修理 ナショナルシャシー R-1420 岐阜県 Y様】修理前、シャーシ上部の状態 【高1ラジオ修理 ナショナルシャシー R-1420 岐阜県 Y様】修理・組み替え後、シャーシ上部の状態 【高1ラジオ修理 ナショナルシャシー R-1420 岐阜県 Y様】修理前、シャーシ内部の状態 【高1ラジオ修理 ナショナルシャシー R-1420 岐阜県 Y様】修理・組み替え後、シャーシ内部の状態 【高1ラジオ修理 ナショナルシャシー R-1420 岐阜県 Y様】修理・組み替え後、シャーシ背面の状態。 真空管を57Aから6D6に変更して、シールドケースを追加 【高1ラジオ修理 ナショナルシャシー R-1420 岐阜県 Y様】

ナショナルシャシー R-1420 高1ラジオ(高周波1段つきラジオ)修理・組み替えを行いました。

ナショナルシャシー R-1420は、1940年~1943年頃、ナショナルラジオ「R-48のシャーシのみ」キットとして発売された真空管ラジオと推測。縦型キャビネットやマグネチックスピーカーは、当時流通していたものを使用して製作された真空管ラジオだと思います。

その後、修理や改造を繰り返して今に至ると思いますが、このR-1420をお預かりした時点のラインナップは、UZ-57A、UZ-57S、6Z-P1、KX-12Fとなっていました。

しかし、搭載の真空管UZ-57Aでは十分な受信感度を得る事ができなかったため、今回の修理でバリミュー管のUZ-6D6(新品)に変更しました。

R-1420はキット用シャーシのため、多種のヒーター電圧に対応する電源トランスを搭載していました。


【状態および修理内容】


配線ケーブルの風化、ほとんどのコンデンサー経年劣化、回路構成に多くの問題点が存在することから、バリコンやコイル、電源トランスなどの主要部品を除き、全てを撤去して組み替え修理を行いました。

  • アース母線を新たに設置、トランスからのリード線修復
  • アンテナコイル修理
  • ミゼットバリコン 極版のガタ付き不良の修理
  • 電源スイッチを音量調整(ボリューム)付きスイッチに交換(機能追加)
  • 電源スイッチ、ダイヤル、ミゼットバリコンの各シャフト長さ調整
  • 欠損していたツマミ追加(塗装)
  • ピックアップ入力(外部入力)回路の追加(機能追加)
  • 真空管57Aを廃止して、バリミュー管の6D6に仕様変更(受信感度アップ)
  • 欠損していたシールドケースを追加(6D6)
  • ACプラグ付き電源コードを交換、ゴムブッシュが風化していたため、コード止め付き樹脂ブッシュに交換
  • ダイヤル目盛り版枠の外れ(縦型キャビネット)修理

真空管ラジオ修理(ラジオ組み替え)ナショナルシャシー R-1420の修理詳細は、
真空管ラジオ修理・修復」ページでも紹介しています。是非、ごらんくださいませ。

5球スーパー真空管ラジオ 修理・外部入力増設 埼玉県 S様

修理後 ラジオ動作中の様子 正面 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】シャーシ内部 修理前の状態 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】シャーシ内部 修理後の状態 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】シャーシ上部 修理前の状態 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】シャーシ上部 修理前の状態 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】不良出力トランス交換前と交換後の状態 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】シャーシ背面に外部音声入力端子と入力切替セレクターを増設した様子 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】修理後 ラジオ動作中 背面の様子【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】木製ラジオケースの清掃前と清掃後の様子 【5球スーパー真空管ラジオの修理・外部入力増設 埼玉県 S様】

5球スーパーヘテロダイン自作真空管ラジオの修理と外部入力(AUX)端子の増設、入力切替スイッチ増設の改造。入力切替スイッチは、お客様のご要望により、ラジオ正面の形を変えないように、背面に増設しました。

真空管ラジオは、電源コード無し、アウトプットトランス断線、スピーカーコイル擦れビビり音、アンプ自己発信、コンデンサ絶縁不良など複数の故障がありました。

使用真空管:6WC5、UZ-6D6、6ZDH3A、6ZP1、KX-80BK


【状態および修理内容】


  • 新品電源コード・プラグ・ゴムブッシュ取付
  • アウトプットトランス交換
  • パーマネントマグネットスピーカー補修
  • 整流管の誤配線補正
  • 平滑抵抗の強化
  • 中間周波トランス調整
  • シャーシ背面に入力切替セレクタースイッチ(ロータリースイッチ)増設
  • 入力端子(RCA ピンジャック付きコード)増設
  • ボリューム交換

TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様

修理後、動作中の様子 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】修理前のシャーシ内部 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】修理後のシャーシ内部 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】修理後のシャーシ上部(背面) 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】低周波部の修理(出力管周辺) 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】出力トランス分解清掃・補修。錆を取除き、コイルとコアの間を絶縁処理 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】出力トランス周辺の寄生発振を止める対策 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】ノイズ対策(入力回路の単線配線をシールド線に交換)【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】電源部 整流回路のダイオードとコンデンサを交換 【TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオ修理 渋谷区 I様】

TONFUNK-VIOLETTA W331N 真空管ラジオの修理。

Tonfunk GmbH VIOLETTA W331N ラジオは、1953年(昭和28年)頃にドイツ カールスルーエ(Karlsruhe)で製造されたものと思われます。

故障状況は、電源を入れると「シャー・・・」という大きな雑音が出力され、寄生発振を起こす状態で、ラジオの受信はできません。

改造されていた部分をオリジナル回路図の通りに戻し、劣化部品の交換、発振対策、ノイズ対策などを行い、正常動作しました。詳細は以下の通りです。

使用真空管:EC92 x2、ECH81 EF41 EAF42 EABC80 EL84 EM85


【状態および修理内容】


  • 低周波部(出力管周辺)劣化部品交換、寄生発振対策
  • 出力トランスのコアとコイルの間にたまった錆落とし
    分解清掃・絶縁対策
  • 出力トランス周辺のコンデンサ交換、配線の絶縁対策、寄生発振を止める対策
  • 低周波部のノイズ対策
    ハイインピーダンス入力回路(ボリューム周辺)の配線を単線からシールド線に変更
  • 電源部のダイオードとコンデンサを交換

LUX A3500 真空管アンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様

LUX A3500 真空管メインアンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【修理後・セルフバイアス化して動作している様子】LUX A3500 真空管メインアンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【修理前のシャーシを後ろから見た状態】LUX A3500 真空管メインアンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【修理後のシャーシを後ろから見た状態】LUX A3500 真空管アンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【初段基板の修理前の状態】LUX A3500 真空管アンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【初段基板の修理後の状態】LUX A3500 真空管アンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【修理前のシャーシ内の様子】LUX A3500 真空管アンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【修理後・セルフバイアス化後のシャーシ内の様子】LUX A3500 真空管パワーアンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【修理前・セルフバイアス化前の終段管周辺の状態】LUX A3500 真空管パワーアンプ 修理・セルフバイアス化 横浜市 N様 【修理後・セルフバイアス化後の終段管周辺の状態】

LUXMAN / LUXKIT(ラックスキット)A3500 ステレオ 真空管アンプ 修理・セルフバイアス化
(自己バイアス化)。

ラックス A3500は、1972年(昭和47年)に発売されたラックスキットの管球式メインアンプキットで、終段管に6CA7(EL34)を採用したプッシュプル(PP)方式。標準の出力回路で40W+40Wの連続出力が得られるメインアンプです。

使用真空管:6AQ8 x3、6CA7(EL34)x4

この真空管アンプは、部品などの状態確認と、固定バイアス方式から、セルフバイアス(自己バイアス)方式に変更するための改造として、ご注文をいただきました。

最初に基本動作の確認を行いました結果、左右の増幅度が極端に異なり、R-chからハムノイズが発生する不具合が見つかりましたため、先ずは修理から入ります。

詳しく調査を進めて行くと、初段基板のフィードバックの配線がハンダ付け不良であることが分かりました。更に基板の状態を確認したところ、不確実なハンダ付けが多々見つかりましたので、ハンダの修正を行います。

その際、コードや部品のリード線の酸化が進み、ハンダが乗らないものがありましたので、基板から一旦部品を取り外し、リード線を磨き、再度取り付け(ハンダ付け)作業を行いました。

また、マルチループフィードバック(MLF)のクロスオーバーNFの配線と部品が欠落していましたので、追加しました。その他、経年劣化で絶縁不良のコンデンサがありましたので交換しました。

基本動作の確認後、セルフバイアス化(自己バイアス化)するための改造を行いました。


【状態および修理内容】


  • 初段基板のハンダ付け修正
  • 初段基板内の今後劣化が予想されるコンデンサ、ペアのバランスが重要な抵抗など新品交換
  • クロスオーバーNF回路が無い状態だったので、新たに組み込みました
  • 終段管に繋がるカップリングコンデンサが絶縁不良のためで交換しました
  • プリアンプ用電源出力端子の配線・コンデンサ・抵抗が取り除かれていたので、回路図通りに取り付けました
  • シャーシ内のAC100Vの配線で、コードの被服が溶けて、導線が露出している部分があったので、コードを交換しました
  • セルフバイアス化するため、固定バイアス回路を廃止して、終段管周辺の改造を行いました(将来、固定バイアス方式に戻す事ができるように、固定バイアス用の部品は内部に残してあります)

5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様

5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【修理後、ラジオ動作中の様子】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【ラジオ修理前のシャーシ内部の状態】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【ラジオ修理後のシャーシ内部の状態】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【ラジオ修理前のシャーシ上部の状態】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【ラジオ修理・清掃後のシャーシ上部の状態】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【ラジオ修理後、ダイヤルの糸張り替え、パイロットランプ交換後の状態】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【ダイヤルの針の補修(曲がりの修正、塗装)】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【木製ケースとシャーシの間に隙間ができる問題の解決】5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理 横浜市 K様 【シャーシにゴム足を設置した場所】

5球スーパー 自作 真空管ラジオの修理を行いました。

コンデンサの劣化による受信感度低下、音声の歪、ダイヤルの針の曲がりや塗装のはげ、シャーシと木製ケースの固定不良などの問題がありました。劣化した部品を全て交換し、修理・調整・補修を行いました。これによりラジオ本来の性能が再生しました。


1956年(昭和31年)以降のものと思われるMT管 5球スーパーヘテロダイン方式のラジオで、標準的な回路構成になっていました。

使用真空管:6BE6、6BD6、6AV6、6AR5、5MK9
受信バンド:BC(MW)


【状態および修理内容】


  •  マイカコンデンサを除く、全てのコンデンサが絶縁不良のため交換しました
    (電解コンデンサは容量抜けで交換)
  • 真空管ソケットと真空管ピンの接触不良改善
  • ダイヤルの糸交換(糸掛け替え)
  • ダイヤルの指針の曲がりを修正して再塗装しました
  • 中間周波トランス調整など各部調整(ダイヤル位置調整を含む)
  • ダイヤルを回して針を移動した時に針が手前に倒れ込む不良改善
    ステーを設置して倒れ込みを抑えました
  • ACプラグ付き電源コード交換
    シャーシ内部のAC100Vの配線を交換
  • パイロットランプ交換
    ランプへの配線が短く、引っ張られている状態でしたので、余裕を持たせたコードに交換しました
  • 片方のツマミが欠損していたため、入手可能なツマミを両方に取り付けました
  • 木製ケースとシャーシの取付位置が合わない問題を解決
    高さが足りないシャーシにゴム足を設置して、位置を合わせ、最適な長さに調整したネジで、ケースとシャーシを固定しました

Acrosound S-1001 真空管プリアンプ修理 横浜市 N様

真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「修理後プリアンプ正面」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「プリアンプ修理前の内部」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「プリアンプ基板修理前」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「プリアンプ基板修理後」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「ヒーター電源セレン周り補修・修理前」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「セレンの半田付け不良、一旦取外して清掃」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「ヒーター電源セレン周り補修・修理後」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「プリアンプ修理後の内部」真空管プリアンプ修理 Acrosound S-1001 横浜市 N様 「汎用電源をAcrosound S-1001用に改造」

Acrosound(アクロサウンド)S-1001 ステレオ 真空管プリアンプ 修理。
1958-1961年頃、STEREO PRE-AMPLIFIER KITとして、発売されたプリアンプのようです。

このプリアンプは、専用のパワーアンプから電源を供給して、共有する方法をとっているため、電源トランスは内蔵していません。そのため他のパワーアンプに接続して使用する場合は、Acro sound S-1001の仕様に合った、専用の外付けの電源装置が必要になります。

今回は、お客様にご用意いただきました汎用の電源装置を、Acro sound S-1001の仕様に合わせる改造を行いました。(他の機種のプリアンプ外付け電源は使用できません)

使用真空管:7199 x2、7247 x2
フォノ入力 x2(78 / LP / RIAA イコライザー切替付き)、テープヘッド入力
AM入力、FM入力、AUX、テープ入力(LINE IN)、マイク入力


【状態および修理内容】


 この真空管アンプの主な故障は次の通りです。

  • R-ch基板の複合ブロックコンデンサが絶縁不良で、電源がほぼショート状態でした。
    両チャンネル合計8個の電解コンデンサに交換。
  • アンプ基板のコンデンサ2個絶縁不良と容量抜けのため交換。
  • L-ch側とR-ch側に異なる種類のコンデンサが使われていたので、同一ブランドに統一するため交換。
  • 近い将来、不良になることが予想されるコンデンサを交換。
  • フォノ入力抵抗を両チャンネル交換。(画像ではコンデンサの陰になり、写っていません)
  • 6.3V電源のセレン周りが半田付け不良のため、一旦全て取外し、配線をやり直ししました。
  • ハムバランス(ハムノイズ キャンセル)機能が取り除かれていましたが、機能するように修理しました。必ず専用電源を使用してください。
  • バランスボリュームを分解清掃してガリ対策しました。
  • セレクタースイッチ、その他のボリュームの接触不良を補修しました。
  • 背面のRCA端子が接触不良のため、全てを磨き清掃しました。
  • ACプラグ付き電源コードとブッシュを交換しました。
  • 外付け電源装置のB電圧を変更、ヒーター電源のシャーシアースを廃止しました。
  • 外付け電源装置に電源スイッチを設けました。
  • 外付け電源装置にACプラグ付き電源コードを取付ました。

ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様

ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【修理後 正面 動作中の様子】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【修理後 書面 内部】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【修理後 シャーシ内部】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【ブロックコンデンサ交換前、交換するコンデンサ】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【ブロックコンデンサ交換後、コンデンサの筐体をシャーシにハンダ付け】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【初段6AN8 真空管基板 組換え後】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【バイアス回路電源部 組換え後】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【バイアス調整用 可変抵抗 交換後、コンデンサ交換移動後】ダイナコ mk3 真空管アンプ修理 横浜市 N様 【電源トランス唸り対策後】

ダイナコ mk3(DYNACO mark-III)モノラル 真空管パワーアンプ 修理。

1976年頃に既存の管球式モノラルパワーアンプのキット版として、ダイナコから発売され、終段管に6550(KT-88)を採用したプッシュプル(PP)方式で、定格出力:60W、瞬間140Wのハイパワーアンプです。

使用真空管: 6550(KT-88)x2、6AN8、GZ-34(5AR4)


【状態および修理内容】


この真空管アンプの主な故障は次の通りです。

  • 各部品の経年劣化による不良
  • その後の改造や修理の際に生じた部品の選択ミスやハンダ付け不良
  • 基板の汚れによる絶縁不良

お客様のご要望で、徹底的に修理する運びとなりました。部品はトランスを除き98%を交換しました。

《具体的な修理》

  1. B電源の改造部品を撤去
  2. 電源周り修理 複合ブロックコンデンサ交換
    Dynaco Mk3に使用されている複合ブロックコンデンサの30uFが容量抜け・絶縁不良でしたため交換しました。
    交換前のブロックコンデンサは、筐体とシャーシが半田付けされていないため、コンデンサの取付にガタつきがあり、接地(アース)面でも問題がありました。新しいブロックコンデンサの取付は、200ワットの半田コテを使い、コンデンサの筐体とシャーシをしっかりと半田付けしました。これによりアース接地も安定しました。
    更にコンデンサに取り付けてあった抵抗も新品交換しました。
  3. 初段 真空管6AN8 基板修理(組み替え)
    この真空管アンプには、ハム音や音声が歪などの故障があり、アンプ初段の真空管(6AN8)周りの基板内に主な原因がある事がわかりました。
    具体的には、コデンサを取り付ける場所に抵抗が付いているミスがあったり、高電圧が流れる基板のプリントパターン上に汚れが集まり、基板自体の絶縁が悪くなり、B電源が隣接部品にリークする等の問題が見つかりました。
    基板を清掃するため、一旦全ての部品を取り除きますので、その際に新しい部品に交換しました。
    カサカサ音のノイズも無くなりました。
  4. バイアス回路 組換え・調整
    バイアス回路の電源に使われている電解コンデンサが絶縁不良で少し膨張(変形)が始まっている状態でした。整流用ダイオードのリードも腐食しており、今後故障する事が予想されますので部品を交換しますが、ラグ版を含めバイアス回路を全て組み替えました。
    また、バイアス調整用の可変抵抗に接触不良やガリが生じると、出力管(KT88)に過電流が流れ破損するリスクがあり、整流管を含む電源系にもダメージが及ぶ可能性があるため、密閉性のよい可変抵抗に新品交換しました。
    可変抵抗に取り付けてあったコンデンサは、液漏れ膨張していましたので交換しました。その際、取付場所を基板の絶縁体の所へ移動しました。
  5. 老朽化したAC電源コード交換
    お客様のご要望で、ACプラグ付き電源コードを交換しました。
  6. 電源トランスうなり軽減対策
    ダイナコ Mk3の電源トランス(P-782)ですが、少々うなり音が出ます。一次側の入力のみの通電テストを行いましたが唸りがあります。唸りはトランスの自体の問題(仕様)と思われます。 P-782の資料を確認すると、50/60Hzと記載してありますため、50Hzにも対応していると考えます。
    交換しない範囲で可能な対策は、コア(鉄心)の締め付けを強化する事です。標準ではトランス中央の2箇所をボルト締めしていますが、写真の通り合計6箇所をボルトで締め付けました。できる対策としてもう一つ、Dynaco mk3のシャーシに厚めの振動吸収コム脚を設置しました。
    唸りを完全に解消するには、トランスの交換(特注)が必要と思われます。

真空管アンプDynaco mk3の修理後、動作確認のため、15インチウーハーのスピーカーで試聴した結果、大変豊かでダンピングの効いた低域は素晴らしく、あらゆるソースに対応できるパワーアンプという印象です。

※Dynaco mk3の修理前と修理後の比較写真などの詳細は「真空管アンプ修理 Dynaco Mark-III修理」でも紹介しております。

ページ移動

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

新着エントリー

LUXKIT A3300 修理 ステレオ プリアンプ 北海道 S様
2020/07/06 16:30
ラックスキット A3500 ステレオ パワーアンプ修理 北海道 S様
2020/07/06 16:00
QUAD 50E パワーアンプ 修理 神奈川県 N様
2020/03/02 19:00
RCA MI-9335 真空管アンプ修理 神奈川県 N様
2020/01/17 17:00
ビクター 7AW-33 真空管ラジオ 修理 秋田県 W様
2020/01/17 15:00
marsland RA75DBT 真空管パワーアンプ修理 神奈川県 N様
2019/12/19 17:00
B&O Jet 606 MODERNE 真空管ラジオ修理 東京都 O様
2019/12/15 17:00
ビクター 6RSB-224 短波受信機(改)修理 豊島区 A様
2019/12/04 17:00
オンキョー OS-55 真空管ラジオ修理 神奈川県 O様
2019/11/11 17:00
ナショナル RE-260 5球スーパー ラジオ 修理 東京都 A様
2019/10/05 20:00
LUXKIT A3700II 管球式メインアンプ 修理 府中市 K様
2019/09/22 17:00
LUXMAN CL-35II 管球式プリアンプ Rコアトランスに交換 修理 府中市 K様
2019/08/26 17:00
三菱 5P-468 真空管ラジオ 修理 東京都 K様
2019/07/18 17:30
AIRLINE 15BR-1547A ラジオ修理 東京都 H様
2019/07/05 21:00
ダイナコ マーク3 修理 オーバーホール 山形県 K様
2019/06/22 14:40
日立 リタ S-537 真空管ラジオ 修理 宮崎県 W様
2019/06/09 16:00
LUXKIT A3500 真空管アンプ修理 八王子市 K様
2019/05/04 17:30
LUXMAN CL-35 管球式プリアンプ修理 八王子市 K様
2019/03/30 13:20
日立 エリーザ S-560 真空管ラジオ 修理 神奈川県 T様
2018/12/28 13:00
GE radio 212 真空管ラジオ修理 東京都 Y様
2018/11/09 21:00

Feed